何かを企画して発信して参加者を募集するも、なかなか人が集まらない。

なんて、起業当初特にありがちなんですよね~
そして、マーケティングを学んでいたりすると

まもなく満席です!
ご応募をお急ぎください!
と出すんだよね…

なんて思えてきて

人気講座だったら、すぐにでも
残席◯名様!締切間近!今スグ申し込みを!
と言えるのに、言えない…
発信できない…

どうしたら良いの?

と悩み始め、人気無いように思えてくるし、価値が無いように思えてしまうし、無駄なことをしているようにも思えるし…
で、混乱しちゃいますよね(汗)

 

だけど、ちょっと待って下さい!
それ思考が混乱していますよ!

 

残席◯名様!締切間近!と言えない…どうやって行動促進すれば良い?

まず思考の混乱を整理しましょ!

集客できない = 私の商品サービスに価値がないんだ!

もしくは

集客できない = 価値のない商品サービスだと思われやしないか?

と無意識にひっつけて、自分の中の恐れを引き起こしている可能性ありませんか?

集客できることと、あなたの商品サービスに価値があるとかないとかは全くもってイコールではありませんよ!

思考が混乱したまま、集客を恐れて慌てて行動を起こすということ

混乱のまま思考を整理せず行動すると「買ってください!来てください!お願いです!」と、何故か懇願するような発信になり始めます。
すると「価値がない商品サービスなんです。懇願しないど誰も買わない商品なんです」といった思いを伝えてしまうんです。

そうなると、更に人は集まりづらくなり、商品離れを促進し、お客様にマウントを取られ、信頼関係の構築を邪魔してきます

気持ちよくお客様に良さを伝え、商品サービスを手にとっていただくために

そんな風にならないためにまず、自分のサービスの価値を見直してみてください。
そして、その上で思考の整理を意識的にしていきます。

ご自身の商品サービスの価値を思い出してください!
見直しをしてくださいね!

あなた自身が価値を感じてない商品が、売れるわけ無いですから(汗)

お客さまが集まらない様々な理由を考えよう

そして今現時点で申込みがない、もしくは集まらない様々な理由を考えてみてください。

  • 都合が合わないだけ
  • お金がかかることだし、迷われている
  • 時間を使うことだし、今調整中
  • たまたま情報を受け取ってない

などが考えつくかもしれません。

こういった仮説の元行動を起こすと「買ってください!来てください!お願いです!」となはらないはずです(笑)

この仮説の元だとしたら、

  • 集客できてない状態で何を発信しますか?
  • 上記のような方の行動促進をするために、何ができそうですか?何を発信したら良いでしょう?

いろんな方法が考えられますよ!
一度ご自身で考えてみてくださいね^^

こういう風に思考を使うことで「マーケティング思考」が育ちます^^