ホームページの必要性ってなんだっけ?
更新しないと、上位表示もされないって聞いてるし、更新苦手な私にはいらない?

最近じゃぁ、LPっていうランディングページがあれば大丈夫そうな話も聞くしな。


毎月コストの掛かるホームページ、もう必要ないか?手放そうか?

というご相談を受けました。
あなたならどう考えますか?

私がホームページ業界に入ったのは、かれこれ15年ほど前のこと。
あの頃は「ホームページを作りさえすれば売上が上がります!」なんて、謳い文句で軽々とホームページが売れていたなぁ。
※営業さんの力で売っていたな…

だけど、今はそうじゃない!
あれば、売上が上がる!なんてことはない。

じゃぁ、もういらない?ホームページ?
というと、そうでもない(^.^;

そう言うのは、ホームページにどのような役割を持たすかで変わると言えるからなんです。
SEOで上位表示ができるか、できないか?だけがホームページの役割ではありません。

10年つかえるSEOの基本を読むと、SEOの事が書いてありますが情報発信において何が重要なのか?
を考える良い機会になりますよ。
こういった書籍も参考にしてくださいね。

個人事業主名刺に載せる情報の考え方でも書きましたが、名刺にしろホームページにしろ、どのような役割を持たせるのか。
そして、その役割を意図しいかに運営するか?が重要になってきます。

毎月コストが掛かるホームページを手放そうかどうか迷っている方に、どのように考えていけばホームページの行く末を決められるのかをご教授させていただきます(*^^*)

こんにちは。
売れない・売らない・さまよわない
マーケティング思考ナビゲーター

栗田 野愛です(^^)

 

ホームページの必要性ってどこにある? ~個人事業主ホームページを手放すってよ~

まず考える基準を、提示します

ホームページの役割を考えていますか?

考えていないかも…
という場合は、今一度考えてみてください。

では、私が考えるホームページの代表的な役割を書いておきます。

  1. 名刺代わり
  2. ブランディング
  3. 信頼貯蓄媒体
  4. 集客媒体
  5. 人材募集媒体
  6. 差別化媒体
  7. 機会損失防止媒体

と言えます。
それぞれについて、詳しくお伝えしていきますね。

1.ホームページは名刺代わり

多くの起業家さんは、多くの場合ネットのみに集客を頼っていないと考えられます。
セミナーで人に会う、交流会で人に会う、友人に会う、そんなリアルで出会った時に紙の名刺を渡すことになります。

しかし、紙の名刺に載せられる情報には限りがあります。
時折、差別化を図るために長い名刺を作っている人もおられますが、それでも情報を載せきれるものではありません。
そんな時、あなたの仕事の情報がまとめられたホームページが役立ちます。

え?FacebookやInstagramがあれば良いんじゃない?

そんな風に考える人もいるかも知れませんね。
しかしそれだと、限られた情報しか見ることができません。
タイムラインで情報は流れていってしまいますからね(^.^;

ましてや検索で出会ったわけではないので、そこに今の自分にとって必要な情報があったとしても、タイムラインの中からそれがあるかなんて探そうとしません。

え~LINEやメルマガを名刺で案内してるから、それとSNSの組み合わせでいけるんじゃない?
そんな風に思う方もおられるかもしれません。

これも同じです。
LINEもメルマガも、流れていく情報です。

せっかく教育しても、欲しい時に欲しい情報を見つけることができなければ、他社へ移動してしまいます。

2.ホームページでできるブランディング

ホームページでは、あなたの

  • 商品
  • 理念
  • イメージ(色・雰囲気・形・柄)
  • 価値観
  • 歴史

などを見せることができます。

これは、SNSでもある程度できます。
できないことはありません。

ただホームページだとSNSとは違い、あなたのホームページにだけ一定時間集中させることとなり、訪れるユーザーの心に働きかける威力は大きなものになります。

3.ホームページで作られる信頼

ホームページがあるだけで、信頼を勝ち取りやすくなります。
特に独自ドメインだと、なおさらです。

  • 無料サービスの範囲内だけで、情報整理・情報提供している個人事業主
  • 経費をかけて情報整理・情報提供している個人事業主

であれば、やはり後者を選ぶ人が多くなります。
これは、商品・サービスの金額が高くなれば高くなるほど、顕著に現れてきます。

あなたの商品・サービスの価格はいくらのものか?
あなたの商品・サービスを購入するのは誰なのか?

をよく考えてみましょう。
過去に販売していた商品や、商品毎のお客様の声は、過去の積み重ねから信頼を得る効果的な良き材料になります。

  • 個人だけではなく、法人も相手に業務の幅を広げたい
  • 本命商品・サービスの金額は30万円以上だ

という場合は、安易にホームページを手放さないほうが良いと言えます。

また今後融資を受けたい。助成金を受け取りたい。
といった計画があるなら、信頼材料となりえるホームページは良い働きをする可能性が高くなります。

4.ホームページでできる集客

上位表示されなければ、ホームページには意味がない。
といえば、それは嘘になります。

  • SNSとの連携
  • 名刺との連携
  • メルマガとの連携
  • 広告との連携
  • 信頼との連携
  • 整理された情報との連携

などから、集客を支える1つのツールなる可能性は大いにあります。

5.ホームページで人材に与えるイメージ

もしあなたの仕事を誰かに依頼したい。といった場合や、誰か仕事を手伝ってくれる人を探したい。
そんなときも、ホームページは役立ってくれます。

ホームページに見られる

  • 商品
  • 理念
  • イメージ(色・雰囲気・形・柄)
  • 価値観
  • 歴史
  • 本気度

によって、ここでも信頼を得ることができます。
そしてまた、あなたに共感する人が仕事仲間となる可能性も高くなります。

6.ホームページでできる差別化

もし、あなたの同業他社がホームページを持っているなら、手放さないほうが良いと言えます。

顧客は選んでいるからです。
より良い商品・サービスを選ぼうとしています。

オンリーワンビジネスではなく、選ばれる必要があるなら、ここでもやはりホームページに有る「ブランディング力」が集客を支えます。

7.ホームページで防げる機会損失

商品が1つではなく、複数ある。
フロントエンド・バックエンドマーケティングを実践している。

といった場合も、ホームページはあると良いと言えます。
各種商品の情報が整理された状態で掲載されているなら、見込み客は今現在の自分にあった商品に手をのばす可能性が高くなるからです。

これによって、機会損失を減らす1つのキッカケとなってくれるでしょう。

売り出している物以外が売れることによって、今売り出している本命商品が売れる。
ということも起こりますからね。

ホームページの役割をよく考えて、運営していこう

このように見ていくと、ホームページが上位表示を目指すだけのものではないことがわかったのではないでしょうか?
こういった部分も踏まえ

  • 今後の方向性
  • ターゲット
  • ホームページの役割
  • 信頼獲得
  • SNSの役割
  • 機会損失防止

を今一度考え、ホームページを手放すかをしっかりと検討してみてください。
ホームページを作るには、お金がかかりますからね。
それも、結構な金額が(^.^;

もし月々の経費が問題ではなく、集客に役立っているのか?
信頼貯金ができるホームページ運営ができているのか?
機会損失を防止できているのか?
といったことが問題(気にある)なのであれば、いかに運営し、より良い役割を果たせるものに育てるか?

と考えてみてください。

無料サービスにだけ頼る危険性

SNSがあるから大丈夫!という人は、無料サービスにある落とし穴に気をつけてくださいね。

  • いつサービス終了になるかわからない
  • 知的財産をある日突然、失うことになる可能性がある
  • 広告表示で見込み客の導線を妨げられている
  • ある日突然、ルールが変わる
  • 無料サービスにある負の印象によって、ブランディングを引き下げる可能性がある

まぁだけど、突然サービスを終了するSNSはそんなにはないと思います。
広告収入を得ていますからね。

だけど、その枠組の中にいるので、いつ追い出されるかわからないということも考えられます。

これはホームページが検索に引っかからなくなる。
ということと近い印象かもしれませんが、ホームページは検索にかからずとも、URLを打ってもらえればアクセスはしてもらえますからね。

◆登録者全員にプレゼント◆

【顧客に優しい】売り込み不要の集客マップ

集客につながらない理由が、どんどん見えてくる
売り込み不要の集客マップをプレゼント!
情報発信と販売の繋げ方がわかる(^^)

  • 集客マップワークシート
  • 約30分の動画セミナー付
  • 無料添削指導付

興味ある方は【@noajuku】で検索または

友だち追加